Hisamoto Yoshiko

日本語

新元号と国語破壊

新しい元号、「令和」が発表されました。なかなかいい名前だと思いますが、「万葉集」という初の国書が出典になっていることも、大きな話題になっています。確かに万葉集は現存するわが国最古の歌集であるばかりか、詠み手も天皇から名もなき庶民までと、身分...
3.11

3.11衝撃のデータ・下

3.11 宮城県放射能測定結果-2 本日公開しました資料は、3.11の巨大地震発生前後の時期に、宮城県で観測された放射線量の記録です。日本分析センターのHPで公開されていたデ...
3.11

3.11 衝撃のデータ・上

本題に入る前に、五輪贈賄疑惑問題をめぐって竹田会長が退任することになりそうだとのニュースに一言。昨年12月、フランスの検察から事情聴取を受けたことから、東京五輪のイメージが悪くなるとのことで、任期延長までほぼ決まりかけていたにもかかわら...
社会

変質する日本人

日本人も変わったなあと思わせられる人物が再登場しました。公判が始まった、籠池泰典氏とご夫人の詢子氏です。森友学園騒動はこの籠池氏が震源地ですが、原因を作った張本人である籠池氏自身は全く責任を感じておらず、それどころか自分は騒動の被害者で...
宗教

韓国と阿波踊り

先日(2/25)、国会中継を聞いておりまして、色々思うところ多々ございましたが、河野外務大臣の日韓関係に関する従来からの持論を展開した答弁は、日本にとっては非常に危険なものだと思いますので、本日の主テーマとして取り上げることにいたしまし...
未分類

狂気=凶器と統計不正

韓国の国会議長が天皇陛下に対して、退位を前に韓国の慰安婦に対して謝罪せよとまで言った上に、戦争犯罪の主犯の息子とまで言い放ったという。ここまでくると、国交断絶もやむなしと思わざるをねませんね。日本政府は即座に韓国政府に対して抗議と謝罪を...
政治

官尊民卑な日々

厚労省の統計不正をめぐる国会中継を断片的にですが、聞いていると、改めてこの問題に触れずにはおられないという気分に襲われてきます。前回の統計不正の背後事情では、勤労統計不正の始まり、その動機を明らかにしましたが、不正も長年続けていると、当...
政治

統計不正の背後事情

厚労省で統計不正が発覚、目下大問題になっていますが、非常に不可解なことには、その背景や原因については誰も核心には触れようとはしていません。勤労統計不正が始まったのは2003年からだと報道されていますが、この時期は、小泉構造改革真っ盛り。小泉...
韓国

日韓記者たちの談合報道

昨年からつづく日本に対する韓国の身勝手きわまりない一連の動きに対して、自民党内では「仏の顔も三度まで」どころか、「仏の顔も使い切った」との声が強まり、制裁発動や防衛協力の一時停止の声も挙がっているという。当然ですね。世論調査でも、8割から9...
韓国

ほぼ5年ごとに無心を繰り返す韓国

韓国の非常識さが、年をまたいで日本を悩ませています。韓国最高裁に提訴された徴用工裁判では、新日鐵住金、三菱重工につづいて、2,3日前には日立造船にも損害賠償を求める判決が出されました。この調子で、戦前、韓国人が出稼ぎにきていたた日本企業...